ぐしちゃん銀バナナ農園
ぐしちゃん銀バナナ農園

ぐしちゃん銀バナナ農園

  • Be Kind STORE

わたしたちについて

プロフィール

果実てき野菜、野菜てき果実
沖縄本島南部、八重瀬町
ティーダ/太陽の光をサンサンと浴び育ったぐしちゃん銀バナナ。
バナナ栽培で「感動、喜び、失敗、挫折、模索」を繰り返し30年。
今の品種にたどり着きました。台風にも負けず、芽吹く生命力に感動。
自信を持って育てたぐしちゃん銀バナナです。

こだわり

【品種】
希少栽培種の銀バナナ(ナムワヌアン)

【見た目】
青いうち(未熟時)は他のバナナに比べて
白っぽく(光の加減では銀白色)見えます。
「銀バナナ」の名前の由来と言われています。

【大きさ】
市販のバナナより短く小ぶりです。

【食感、味、香り】
食感:モチモチ食感
味:甘みと程良い酸味
香り:市販のバナナに比べてスッキリとした香り

【栽培方法】
銀バナナは水はけの良い土地に適しているので
苗のまわりに土を盛って水はけが良くなる様
手を加えながら1本1本手作業で苗を植えています。

銀バナナは水を好むので、雨が少ない時には、
当農園一帯の地下ダム水を使用。
地下ダム水は石灰岩で造成していて
豊富なミネラル分が含まれています。

成長が進むと苗の高さは5メートルまで成長
やがて花が咲き銀バナナは実をつけます。

賢いヒヨドリがバナナを突き、食べられてしまうので
対策として、一つひとつビニール袋をかぶせます。

また、葉っぱで実が傷つかない様、
毎日苗の状況を観察し、不要な葉を取り除いています。

台風などの強風が吹くと、
葉っぱがボロボロになってしまい
育ちが悪くなるので、
風避け・防風対策にもしています。

無事収穫を迎えた銀バナナは、10キロを超えるので
二人で安全に収穫します。

黄色く熟す1週間ほど前の青い状態で収穫し、
お客さまのもとにお届けします。

【美味しく追熟を進める方法】
実全体が黄色になるまで、
「届いた箱の中」で蓋を閉めバナナを追熟下さい。
※追熟まで約1週間から10日程
※黄色になると、箱から出し
 付属のひもで吊り下げても大丈夫です。
 ゆっくり追熟が進みます。

箱の中に入れる理由は、バナナの実から自然発生する
「エチレンガス」を届いた箱内で充満させることにより、
バナナの追熟が早まります。
乾燥した環境や、エアコン下では
追熟に失敗する場合がございますのでご注意ください。

また、バナナの房は沢山の水分を含んでいるため、
房周りにカビができる場合がございます。
バナナには問題ございませんのでご安心ください。